大型ゴミ、粗大ゴミ|受付センター

スポンサードリンク

大型ゴミ、粗大ごみとは

大型ゴミ、粗大ごみ受付センターでは、家庭から出るゴミの日本全国の主要都市(横浜市、大阪市、京都市、名古屋市、福岡市、札幌市、さいたま市、仙台市、広島市等)の大型ゴミ、粗大ごみの基準や大型ゴミ、粗大ごみを処分する方法をご紹介しています。

 

大型ゴミ、粗大ごみの定義は様々で市・区が指定するごみ袋に入らない物や一辺が50センチを超え物、市・区が大型ゴミ、粗大ごみと指定した品目など様々です。

 

大型ゴミ、粗大ごみを収集、回収、引き取り、クリンセンターへ持ち込に処分する場合でも市・区により無料、有料を様々です。
品目毎に大型ゴミ、粗大ごみの回収料金が決まっている市・区もあります。
又、重量や個数で料金を定める場合もあります。

 

ゴミを大きく分類すると可燃ごみ、不燃ごみ、資源ゴミに分けられます。
資源ゴミには、ペットボトルやプラスチック製容器包装。新聞紙や古紙などがあります。

 

大型ゴミ、粗大ごみには可燃ごみ、不燃ごみがあり可燃ゴミは、処理施設(クリーンセンター)で燃やされ、不燃ゴミは処理施設で埋められています。

 

最近急増しているものでは犬、猫(ペット)の死体も処理してくれる市・区が増えてきました。

 

ゴミは、毎日家庭から排出されます。
ゴミの種類を把握して、あなたの地域の規則・ルールで適切に処理して下さい。
また、資源ごみ(缶類、プラスチック製容器包装、ペットボトル、ビン類、紙類)は適切に分類してリサイクル社会に貢献してください。

大型ゴミ、粗大ごみの品目例

石油ストーブ、石油ファンヒーター、扇風機、ステレオセット、カラオケセット、スピーカー
電子オルガンズ、ボンプレッサー、スノーボード、スキー板、こたつ、ゴルフバッグ、
DVDビデオデッキ、カセットデッキ、石油ストーブ、電気ファンヒーター、換気扇、
電気こたつ、机、テーブル、いす、座椅子、応接セット、たんす、食器棚、本箱、
下駄箱、テレビ台、カラーボックス、鏡台、ガスコンロ、電子レンジ、流し台、調理台、
米びつ、布団、ベッド、毛布、じゅうたん、自転車、ベビーカー

 

などが大型ゴミ、粗大ごみとして上げられます。
各市・区よっては処分できない場合もあります。
その場合は、業者に有料で引き取って頂きましょう。

大型ゴミ、粗大ごみ 処分できない品目例

テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機(家電リサイクル法対象品目)
デスクトップパソコン、ノートパソコン、ディスプレイ等(PCリサイクル法対象品目)
処理する際に危険を伴うプロパンガスボンベ、薬品類、消火器、オイル農薬、薬品類等。
自動車、オートバイ、バッテリー、リヤカー、ピアノ。
※50cc原付バイクは市・区で収集、回収、引き取る場合もあります。
※電子ピアノ、電子オルガンは収集、回収、引き取る場合もあります。
農機具、コンクリート片、ブロック、石、大型温水器、太陽熱温水器、鉄柱。

 

上記の以外でも回収しない品目はあります、また市・区によっては上記の品目を
回収、収集、処理できる施設を有している場合があります。

大型ゴミ、粗大ごみの回収の流れ

大型ゴミ、粗大ごみは、ステーション(集積所)にいきなり出す事は出来ません。
事前に各市・区の大型ゴミ、粗大ごみ 受付センターへ電話をするのが基本です。

 

有料で市・区が大型ゴミ、粗大ごみを収集・回収する場合は品目毎に定めれれた料金(ごみ処理券・粗大ごみシール)を各市・区が販売を許可しているコンビニやスーパー及び市・区の行政窓口でごみ処理券を購入します。

 

大型ゴミ、粗大ごみは、指定された日に自宅の前や集合住宅の空き地に粗大ごみ処理券(シール)を貼り付けてお出しください。

 

中には、ごみ処理券・粗大ごみシールの方式を採用していない地域もあります。
その場合は、荷物の重量等で料金が決まり個別のトラックにて自宅まで引き取りにいくケースあります。

大型ゴミ、粗大ごみの処理施設

普通ゴミ、大型ゴミ、粗大ごみ、資源ごみを処分、処理する施設をクリーンセンターと呼びます。
クリーンセンターでは、可燃ゴミを燃やした熱を利用して電気にしている施設もあります。
不燃ごみは、残念ながら埋めてて施設にて埋められます。

 

主要都市にはこうしたクリーンセンター(ごみ処理施設)が何箇所かあります。
何れも自己搬入して直接大型ゴミ、粗大ごみを持ち込み処理、処分する事が出来ます。
市・区によっては有料、無料。又は何キロまで無料を詳細に定めれれています。

 

引越しや大掃除で一時的に大量に出たゴミを処理するのに上手にご利用ください。
ご面倒な方は、地域の有料でゴミを処分してくれる業者に頼みましょう。

LINK集

SDカード復元に削除した写真が復元できる可能性が記載されていました。

 

ビデオカメラ復旧にビデオカメラ内蔵メモリーから復旧ソフトの体験版で復旧をする記事がありました。

 

ビデオカメラ復元にビデオカメラ内蔵HDDから復元ソフトの体験版で復元をする記事がありました。